Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
戸田奈津子氏語る 理想の字幕

Yahoo!ニュースに BuzzFeed Japan のインタビュー記事が掲載されていたので読んでみました。ここで採り上げるのはもちろん、LotR字幕問題についても触れていたからで、その部分を下に引用します。

 

ネットで広がる誤訳批判。そして『ロード・オブ・ザ・リング』騒動


ネットでは、戸田さんが翻訳するときに使う独特の意訳や言い回しを「なっち語」と親しむ人がいる。その一方で、戸田さん独特の意訳や誤訳に対する批判の声が上がるのも事実だ。「誤訳の女王」とも呼ばれることも。

 

ネット上の批判について、戸田さんは「見ないから、何て言われているか知りません」。

 

戸田さんが字幕翻訳を担当した『ロード・オブ・ザ・リング』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』は、原作に忠実ではないという批判が相次いだ。原作ファンを中心に、ネットで字幕修正や字幕翻訳の交代を求める署名活動が起きる騒動となった。

 

戸田さんは「言い訳や昔の話をしたくない」と最初に断りを入れながら『ロード・オブ・ザ・リング』騒動についてこう説明する。

 

「抗議をした方々は、数十年前の本の翻訳を聖書と思っているわけ。数十年前の翻訳ですよ?日々変わる言葉が、その間にどれだけ変化するか。今の観客が違和感を抱かない字幕にするのが当然じゃないでしょうか」

 

原作「指輪物語」は、瀬田貞二さんが1970年代に翻訳。当時、使われていたことばは通用しないと戸田さん。実際、原作の翻訳も1992年に翻訳が推敲されている。


まず、戸田氏が言っていること以前に、「原作に忠実ではないという批判が相次いだ」という地の文が違います。原作というより映画そのものに忠実でなく、シーンの意味が分からない、あるいは誤解を招く字幕だったという批判が相次いだのが真相でしょう。はじめから本題がずらされています。ここ、前から口を酸っぱくしていっているんですけど、採り上げ方がいつもこの調子なんですよね。で、戸田氏はそれをいいことに、「抗議をした方々は、数十年前の本の翻訳を聖書と思っている」と便乗しています。批判を見ず、何て言われているか知らないとしながら、原作原理主義者が騒いでいるだけみたいな判断をしている根拠はなんなんでしょうか?

 

もちろん瀬田貞二の翻訳に愛着はあるし、原作のテイストをこの翻訳で身につけたことは否定しません。みっちの場合は新版の翻訳ですが、部分的にしろ古めかしいと感じる表現は確かにあり、それを時代に合わせて改めること自体を否定するつもりもありません。しかし、問題はそこではない。「今の観客が違和感を抱かない字幕にするのが当然」なのに、今の観客が違和感ありまくりだったから批判されたんですよ。当然のことができておらず、映画が歪められている。だからこそ監督のPJまでもが動いて、RotKやその後のDVDでは監修がついて字幕が改善されたんでしょうに。戸田氏もそれを受け容れたんじゃなかったの? ま、この調子ですから反省はなく、これからも自分をごまかしつづけるつもりかな。これだから、なっち字幕の映画はもう観たくないんですよ。

 

もう一度念押し。原作に忠実でないという批判は、映画の脚本や演出に向けられたものはあったでしょうが、映画と原作とは別物であることはみんなわかって言っています。そのことと字幕の問題は別です。「原作との相違」ではなく、「映画の字幕」としてダメだった。それをすぐに指摘できたのが「原作ファン」であり、抗議したのはそうした原作ファンを含む「映画ファン」だった。このことがなぜこうも伝わらないのか、あるいは伝えようとしないのか、不思議です。

posted by みっち | 16:59 | Tolkien | comments(4) | trackbacks(0) |
サルマン死す
俳優のクリストファー・リーが今月7日に亡くなっていたそうです。93歳でした。ご冥福をお祈りします。

かつては怪奇映画の敵役、とくにドラキュラで大当たりした人で、みっちも子供のころにドキドキしながらテレビ放送を見ていた記憶があります。最近では、やはり『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』各シリーズでのサルマンでしょう。最期はPJ流でほとんどギャグだけど……。あ、もちろんドゥークー伯爵も忘れてはいけませんf^^;。

しかし正直なところ、リー師にはサルマンよりもガンダルフをやってほしかったなあ。たしか、本人も希望していたんじゃなかったかな? 年に一度は『指輪物語』を読み返すとも聞いていました。原作への深い理解と共鳴があっての演技でした。でも最期は(ry イアン・マッケランには悪いですが、リー師の灰色の魔法使い姿を一度拝んでみたかったですね。じゃあ、サルマンはだれがやるのかといわれると思いつきませんが、二役とか(爆)。

ウィキペディアの「クリストファー・リー」の項目で微笑んでいる写真を見ていると、泣けてきそうになります。 久しぶりに、今夜はトールキン・アンサンブルの『The Load of the Rings At down in Rivendell』を聴いて、お別れしよう。このCDには、リー師による朗読や木の鬚の歌(素晴らしい!)が収録されています。
posted by みっち | 23:31 | Tolkien | comments(0) | trackbacks(0) |
『ホビットの冒険』が映画に
以前から噂のあった『ホビットの冒険』の映画化がついに決まったとのこと。『ロード・オブ・ザ・リング』の監督ピーター・ジャクソンがひきつづきメガホンを取るようです。

映画は2部作とのことで、前作同様に同時撮影して編集、2010年及び2011年に公開予定だそうです。『指輪物語』の場合、三部作でも映画ではエピソードがかなり削られましたが、今度は1冊を二部にするので、むしろ内容をふくらませられるかもしれません。みっちの体験上、原作付きの映画化は、端折るよりふくらませる方が好結果に終わっている気がするので、この構想は歓迎します。ただ、そうなると、ふくらませ方が問題かも。

出そうなのはアル○ェン(爆)。なにせ、女っ気のまったくないお話ですからねー。ドワーフの何人かは女だという説もあるでしょうが、見た目で違いがわからないんじゃ意味ないでしょうしf^^;。あるいはビヨルンを女性にしてみるとか、うーむ、なんか違う世界が開けてきそう。

あと気になるのは、2部の分け方ですね。旅の中間あたりにくる「闇の森」が前になるか、後になるか。個人的には、闇の森の脱出で前編のエンディングというのはなかなかいいのではないかと思います。

キャストはこれからのようです。中でもエルフがやっぱり難しいでしょう。エルロンドは、できたら今度は若くて適度な額(爆)の人にやってもらいたい。そのかわり、スランドゥイルはある程度譲歩します(レゴパパだけど^^;)。

これを機会に、またLotRO人口が増えることを期待します。中つ国で遊びましょう!
posted by みっち | 18:01 | Tolkien | comments(6) | trackbacks(0) |
『指輪物語』再読:マゴットさん
ギルドールたちと別れて、バックル村の渡しまで近道しようと茂みの中を突っ切ることにしたフロド、ピピン、サムでしたが、見通しの利かないところをすすむうちに、南の方角にそれてしまいます。こうしてたどり着いたのが、畦更のお百姓、マゴットさんの家でした。

マゴットさんは、くいつき、きば、おおかみという3匹の番犬を飼っていて、子供のころバック郷に住んでいたフロドが、茸を盗もうとして犬をけしかけられたことがトラウマになっていたことが判明しますf^^;。LotROでもマゴットさんと3匹の犬が登場するので、ここを読むと、すっかりゲームの映像が浮かんできます。ただし、あの顔はちょっとイメージと違いますがf^^;。

このマゴットさんのせりふを読むと、一筋縄ではいかない、なかなかの役者だと感じさせます。

「急いでられるなら、街道の方がつごうがよかっったんじゃないかね。」とお百姓はいいました。「だが、わしはそんなことを気にしておったんじゃない。そうなさりたきゃ、かまわずわしの土地を通りぬけてけっこうじゃよ。ペレグリンの旦那。それからあんたもな、バギンズさん―たぶんあんたは今でも茸がお好きだろうがの」。彼は声をたてて笑いました。
続きを読む >>
posted by みっち | 13:50 | Tolkien | comments(0) | trackbacks(0) |
LotR字幕問題のつづき:太田直子氏の訂正記事
4月のエントリ6月のエントリで触れていた映画『ロード・オブ・ザ・リング』の字幕問題で、太田直子氏の訂正記事が出されました。「字幕改善連絡室」で報告されています。
以下、「字幕改善連絡室」から、『通訳翻訳ジャーナル』(イカロス出版)2007年10月号、P187後半の引用です。

 「原作つながり」で、またまたこの場を借りてお詫びと訂正を。
 前々回の本欄で、拙著『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』の内容について、いくつか訂正を書きました。そのなかの「原作小説のファンから字幕に対して苛烈なクレームが押し寄せ……」というくだり。
 まず、配給会社にクレームを寄せた人たちは、生硬な「原作主義者」ではありませんでした。字数制限や、公開までの時間のなさなど、字幕特有の制約を理解したうえで、「それでも字幕のこことここはどうも納得いかないので、せめてDVDで検討し直してもらえないでしょうか」と丁重に、かつ、自分たちの実名・住所を明かした郵便物やFAXなどで抗議していました。ネット上だけの一方的なバッシングではないのです。
 私は、ちらっとかいま見た別の罵倒サイトと、この人たちとを混同し、きちんと確認しないままエッセイに「困った人々」というニュアンスで書いてしまいました。こうした記述にショックを受け、傷ついた人たちにお詫びします。

 もちろん字幕に絶対的な正解はありませんし、いろんな考え方があります。もしかすると今度は、字幕屋仲間や業界人から「何だよ、お前はあっちの肩を持つのか?」という批判がくるかもしれません。正直、ビビっています。
 でも、言いたいことはお互いどしどしぶつければいいのではないでしょうか。どちらも「いい映画をよりよい字幕で見てほしい(見たい)」という志は同じはず。敵対する意味はありません。前回の本欄で書いたごとく、字幕存亡の危機が迫っているかもしれないのです。共闘しましょうよ。
 万国の字幕派よ、団結せよ!
 字幕屋は銀幕の片隅でしつこく叫ぶのでした。
続きを読む >>
posted by みっち | 19:21 | Tolkien | comments(2) | trackbacks(1) |
『指輪物語』再読:ギルドール
ガンダルフが到着しないことをいぶかしく思いながらも、フロドが袋小路屋敷をあとにしたのが、彼とビルボの誕生日の翌9月23日です。そのころ、ガンダルフはサルマンの裏切りに遭って、オルサンクの塔にとらえられていたのですが、フロドはこのことを知るよしもありません。彼が出発したのが本当にギリギリのタイミングだったことは、あとになってわかります。

旅の最初のメンバーは、フロド、ピピン、サムの3人。メリーとフレデガーは、3人を堀窪で出迎える準備のために別途先発していました。人目を避けて歩く3人に、次第に黒の乗り手が近づいてきます。あわや見つかりそうになったところへ、エルフの一行が通りかかったため、黒の乗り手は去っていきます。このエルフたちを率いていたのが、ギルドールでした。

最初に『指輪物語』を読んだときから、ギルドールは気になる存在でした。上のエルフだからなんでしょうが、偶然行き会ったにしては、フロドの状況を正確に言い当てる洞察力を持っています。しかも、彼の台詞の多くは謎めいていて、予言的でさえあります。まずは次の二つの台詞。
「ガンダルフの来遅れとはいい前知らせではないなあ。でも、よくいう言葉に、魔法使いには、おせっかいをやくな、変幻自在でよく怒る、って。行くか待つか、その選択はあなたのものだ。」
「エルフは軽々しく忠告を与えることはめったにない。忠告は賢者から賢者に与えても、危険な贈り物だから。」
続きを読む >>
posted by みっち | 19:12 | Tolkien | comments(0) | trackbacks(0) |
『指輪物語』再読:「過去の影」
LotROを遊んでいると、「このキャラ、原作にでてきたかな?」とか、「ここのところはなにか関連があったかな?」などと思わせるところがあちこちに出てきます。さらに、キンシップ「節士」の仲間と交わす雑談にも触発されて、だんだん『指輪物語』を読みたい気持ちが高まってきて、とうとう再読を始めました。これが2回目ではないですが、何回目かは覚えていません。読むのは寝る前のわずかな時間なので、1日数ページという超スローペース。でも、内容が充実しているので読むたびに発見というか、仮に時間がもっとあったとしても、これ以上ペースを上げられないのではないか、と思うくらいです。

序章の「ホビットについて」から、ビルボの誕生祝いのパーティあたりまでは、LotROのホビット庄によく取り込まれていて、思わずニヤッとしてしまうくらい、雰囲気がよく出ています。で、ビルボが旅立って数年経ち、ガンダルフがホビット庄に再び現れてフロドに指輪の由来を語って聞かせる場面にやってきたのですが、この約30ページにわたる長いやりとりは、すでにして第1巻前半の最大の山場です。

ガンダルフの名台詞は、映画でも「どの時代に生まれてくるか選ぶことはできない。その時代でなにをなすかが大切」という部分が生かされていました。ですが、もちろんそれがすべてではありません。その後で出てくるもうひとつの台詞を、私は映画の台詞以上に大事に思っていて、それをここに引用します。この台詞につづいてガンダルフは、ゴクリにはまだ役割が残っているのではないか、と物語の後半について暗示するのです。

「死んだっていいとな! たぶんそうかもしれぬ。生きている者の多数は、死んだっていいやつじゃ。そして死ぬる者の中には生きていてほしい者がおる。あんたは死者に命を与えられるか? もしできないのなら、そうせっかちに死の判定を下すものではない。すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せぬものじゃからなあ。」
続きを読む >>
posted by みっち | 20:10 | Tolkien | comments(0) | trackbacks(0) |
LotR字幕問題その後:太田直子氏からの返信
4月にエントリしたこの問題で、『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』著者の太田直子氏に字幕改善連絡室から手紙を出したところ、返信がもらえたそうです。「字幕改善連絡室」で報告がされています。

手紙の引用公開は避けてほしいとのことで、詳細はわかりませんが、『ロード・オブ・ザ・リング』字幕の件について、事実関係の確認を怠り、伝聞と思い込みだけで書いてしまったことを反省している、との内容だったようです。4月26日付で返信があり、その後もう一往復やりとりがあったそうですが、いずれも太田氏の対応は迅速かつ「真面目で丁寧、明解で真摯という印象」とのことです。

なお、「字幕改善連絡室」から太田氏に宛てた2回目の手紙では、「通訳翻訳ジャーナル」6月号の氏の連載記事(著書の事実関係を一部訂正していた)について以下のような指摘をしていたとのことです。

「原作小説ファンが抗議した」という表現は、問題の根本を大きく誤解させてしまいます。原作小説未読の映画ファン、俳優ファン、監督ファン、いろいろな立場からの字幕抗議がありました。(中略)どうか機会がありましたら、字幕にクレームをつけるのは原作小説ファンだけではない、ということについて、なんらかのご訂正、またそれがかなわないまでも認識の転換をしていただけたら、と思います。
続きを読む >>
posted by みっち | 19:48 | Tolkien | comments(2) | trackbacks(0) |
原作、映画、字幕の関係とは(このごろのLotR字幕問題)
ブログを開設する以前からみっちがお世話になっている、ハーブさん主宰のサイト「LotR読み解き英語工房」で、「字幕に関する新書」と題して気になることが報告されています。最近発刊された、『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』(太田直子著、光文社新書)という字幕翻訳家のエッセイで、LotRの字幕問題について触れていて、それがどうやら、トンデモナイ中味らしいのです。
そこからリンクで飛べる「字幕改善連絡室」に、その部分の引用がありました。少し長いですが、以下のとおりです。

これまでは字幕ひとすじ何十年の制作部長がたくさんいて、われわれ字幕屋を守ってくれた。
 たとえば数年前の大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの字幕が原作小説ファンによって激しい非難の嵐にさらされたとき、その配給会社の制作部長は映画フィルムを丸々一本捨てる覚悟で、「原作ファンが求める字幕」を打ち込んでみせたそうだ。
わたしは実際にそれを見ていないのであくまで想像だが、「原作ファンこだわりの字幕」は、おそらく字幕としては最低のものだったろう。意訳や要約を許さない原作どおりの字幕は、膨大な字数になったろうし、へたをすると字幕が三行四行にもなって画面を侵食し、しかも全然読み切れなかったのではあるまいか。そんな掟破りの字幕を敢えてフィルムに打ち込んでみせ、その制作部長は原作ファンを説得したそうだ。
 「ほらね、あなたがたが求めるような字幕にすると、こんなになっちゃうんですよ。これじゃ読めないでしょ」と。
 もちろん、部長の独断では映画フィルムを一本無駄にすることなどできなかったかもしれない。会社が字幕にそれなりの理解を持っていたからできたことだろう。しかし部長の毅然たる決意がなければ、こんな破格の「説得プロジェクト」は実現しなかったはずだ。この一件は、われわれ字幕屋の間で燦然と輝く伝説になっている。
続きを読む >>
posted by みっち | 20:14 | Tolkien | comments(4) | trackbacks(1) |
『ホビットの冒険』―帰りの旅
五軍の戦いが終わると、ビルボはガンダルフ、ビヨルンと帰途に着きます。闇の森は来たときとは違って中を通らず、北の端を回りました。ビヨルンの家からはガンダルフと二人連れで、裂け谷へたどり着いたのが5月1日だと書いてあります。「最後の憩い」館で、ガンダルフはビルボたちと別れたあと、白の会議が開かれ、闇の森の南の暗い隠れ家にかまえていた死人占い師を追い払ったことを語ります。

一週間の滞在後、二人は裂け谷を後にし、トロルの宝を掘り出して、ガンダルフと分け合います。ホビット庄に帰り着いたのは、6月22日でした。村ではビルボは死んだことにされて、お山の家財がせり売りにかけられているところでした。ビルボの帰宅は、サックビル・バギンズ一家との不和の始まりでもありました。
物語の最後は、何年かたって、秋の晩にガンダルフとバーリンがビルボを訪ねてきた場面で締めくくられます。バーリンは、湖の町の統領が、黄金を持ち逃げして荒野でのたれ死んだことを告げます。

トールキンは、五軍の戦いのあと、第18章「帰りの旅」と第19章「もとの古巣」の2章をあてて、ビルボの帰還と後日談を語っていますが、作中ビルボが自分の冒険を「ゆきて帰りし物語、あるホビットの休暇の記録」として書き記しているのと同様、冒険に「行く」だけでなく「帰ってくる」ことをかなり意識しているようです。これは、『指輪物語』でも同様で、というよりさらに重視されていて、ペレンノール野の合戦のあと指輪が棄却されてサウロンが滅んでから、さらに5章が語られます。
続きを読む >>
posted by みっち | 22:55 | Tolkien | comments(0) | trackbacks(0) |