Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< 三國志13pk(その8):シナリオ「華容道の変」を馬超で | TOP | ベートーヴェンは難しい >>
石田製帽の帽子

4月にちょっとだけベースアップがあった(正確には4年ぶりに元に戻った)ので、気が大きくなったみっちは奥方とデパートに出かけました。連休中というのに、デパートは案外空いてますね。レジャーに出かける人が多いのかな? 

 

約20年ぶりくらいにスーツを作りました。仕事であまり着ないこともあって、この間、ジャケットとパンツは別々でした。年を取って肉が落ち、以前の背広が似合わなくなってきているということもあります。ずっとトラッドだったので、今回は違うタイプにしました。

 

帰ろうとしてデパートの1階に降りると、入口付近の催し物スペースに帽子屋さんができていて、職人の男性がミシンがけしているところに遭遇しました。陳列されている帽子がなかなかよさげ。奥方は麦わら帽が好きで、実際よく似合う。みっちも実は帽子好きなんですが、なかなか似合うものがなく、カンカン帽やユニクロの安いやつとかは買ったりしてましたが、これからの季節、もう少し良いやつを被りたいと思っていたところでした。麻のパナマ帽を試着してみたら作りがよくて、各色ある中で黒がよかった。ぬめ革のベルトがアクセントになっており、職人さんの話では、こだわりの栃木レザーなんだそうです。すでに買い物して勢いづいていたこともあって、麦わら帽といっしょにお買上げ。

 

帰宅してネットで確かめたら、石田製帽ありました。岡山県のメーカーだった。みっちが買ったのは、Andy The Hatter というシリーズですね。帽子買うと、出かけたくなるなあ。
 

posted by みっち | 17:33 | お気楽妄想系 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:33 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1375
トラックバック