Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< 新型カムリ試乗 | TOP | ヴィト/ポーランド国立放送響によるマーラーの交響曲第6番 >>
玄関リフォーム

わが家の玄関ドア、窓、門扉の3箇所をリフォームしました。

 

画像左のものがリフォーム前の玄関内側。午前9時くらいで照明を点けないで撮っています。玄関ドアは外側の表面にサビが出て見苦しく、採光窓はあるけどちょっと暗い。左側の窓は北向きで、隣家のコンクリート擁壁に面しているため景観も✕。砂ぼこりも飛んでくるため、常に締め切っています。このため、玄関の靴箱などはカビやすい状況。そこで、玄関ドアに通風機能を持たせ、窓ははめ殺しの装飾窓にしようと考えました。ついでに、玄関照明をドアに合わせて新しくLEDに取り替え、さらに門扉を照明灯付きの鋳鉄タイプにするという計画です。

 

玄関ドアは、採風・採光という条件で選びました。できれば明かり窓を大きく採りたいところですが、デザインと採風・防犯との兼ね合いで決定。色はマホガニー調です。前のドアは黒に近いグレーブラウンで、見た目にも暗かった。最近の木目調はよくできています。結果的に、断熱性能が付いたタイプになりましたが、その効果のほどは冬にならないとわからないかもf^^;。

 

装飾窓は、決まるまでいちばん時間がかかりました。「ニューステンド」という、ステンドグラスっぽい絵柄の入った1枚ものがあり、カタログでは本来もっと大きなサイズから一部を切り取る形で取り込みました。どの絵柄のどの部分を活かすかを、工務店を通じてメーカーとやりとりしたのですが、こちらもなにがどのように加工できるか知らないわけで、意図が先方になかなか伝わらず、送られてきた下絵を見て「違うだろーっ!」(爆)。そんなことはいってませんが、最終デザインになるまで4往復くらいしました。しかも、実物を見ないままイメージだけで選んでいるため、実際に取り付けられるまでまったく自信なしでした。

 

アフターが右の画像。ビフォー画面とほぼ同じ時間帯です。なにが変わったん?とかいわないよーに。採風は、ドアの中ほどが網戸式のスリットになっていて、ロック可能なガラス戸で開閉できる仕組み。これはいい。スリット自体の面積は以前とそれほど変わっていませんが、透過性が違うようで、足元などがはっきり明るくなりました。ニューステンドはほぼイメージどおり。絵柄の花の部分はもっと赤いかと思っていましたが、落ち着いた配色です。あえていえば、背景のいちばん色の薄い箇所をすりガラス風に透明度を高めてくれたらよりきれいかも。外光を受けての輝き具合は予想以上でした。

 

玄関照明や門扉もカタログを見て選んだだけなので、実物で雰囲気がちぐはぐにならないか心配していましたが、結果は良好です。門扉に付いた照明灯のおかげで、外の階段からアプローチまでの動線が夜暗かったのが見えるようになりました。奥方も気に入ってくれたようで、やれやれ。

posted by みっち | 23:37 | 近況 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:37 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1398
トラックバック