Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< ハラース/ポーランド国立放送響によるマーラーの交響曲第7番 | TOP | ワールズ・エンド >>
ホット・ファズ

『ホット・ファズ』は2007年のイギリス映画で、エドガー・ライト監督、サイモン・ペグ主演、ニック・フロスト共演による「3つの味のコルネット」三部作の2作目。物語に直接のつながりはありません。今回のコルネットはチョコ味みたいですね。


「俺たちスーパーポリスメン!」とかいう邦題を考えついた日本の供給会社にはとりあえず苦言を呈したい。なんかいろいろ誤解しそうだから。みっちは「ポリスアカデミー」を連想してしまいました。同じ警察もののコメディーでも、あっちはお気楽お下劣系、こっちはハードボイルドタッチで衝撃的な犯罪ものという側面を持っており、テイストがかなり異なります。やりすぎに腹を抱えながらも、ちょっと考えさせられるのは前作同様。以下、ネタばれあり。
 

今回のサイモン・ペグは、堅物な警察官ニコラス・エンジェル。ニコラスは警察官の鏡のような男で、ロンドン首都警察で目覚ましい成績を挙げるのですが、おかげで周りがみんな無能に見えるという理由で、理不尽にも片田舎の町サンドフォードに飛ばされます。ところが、事件とは無縁に見えた赴任先で次々に死亡事故が発生、不審に思ったニコラスは……という展開。よくあるっちゃあありそうな導入ですが、検挙率400%とか、絶対なさそうな話の盛り方で笑わせます。サンドフォードでは白鳥を追い回したり、隣の柵まで刈り込んだ農夫に注意したり、当初は平和そのものだったんですが、やがて目の前で惨劇が繰り広げられることに。これらのシーンは、のんびり観ていると椅子から飛び上がりそうになるくらい過激。スプラッタ系入ってますので、弱い人はご注意を。
 

前半の伏線を後半に回収していくという構成は、前作『ショーン・オブ・ザ・デッド』と似ており、今回は前半がサスペンス、後半がアクション中心と、見せ方もよりくっきりしています。とくに後半は、それまで耐えてきたニコラスの憂さを晴らすような痛快アクションのてんこ盛りで素晴らしい。その折り返し点として象徴的な場面がニコラスの騎乗姿なのですが、なにか元ネタがあるんだろうけど、まさか『戦国BASARA』じゃないよね(爆)。パブやスーパーでの銃撃戦も楽しいですが、最大の見せ場は街のミニチュアセットの中で怪獣バトルのような格闘。好きだぞ! で、ニコラスの相手が元007のティモシー・ダルトン。彼がまた楽しそうに演じていて、かつめちゃくちゃ痛そう。しかも痛そうな格好のまま放置(爆)。白鳥や機雷ももちろん、期待通りやってくれます。なお、『ショーン・オブ・ザ・デッド』で「世界の中心」と言われていたパブはここでも変わらないようで、柵がたくさんある庭のシーンもやっぱり登場します。
 

ちょっと考えさせられると書いたのは、今回の犯罪動機が、ニコラスが調べて推理したような利権がらみでもなんでもなく、あまりにも単純だったことです。シェークスピアを貶めたとか、綴りや年齢を間違えたとか、土地から勝手に出ていくとか、そんな他愛もないことが理由で、それが日ごろは町の名士として振る舞っていた紳士淑女のみなさんの裏の顔だったというのがショッキング。ここには、罪や正義ってなんだろう?的な根本的問いかけがもしかしたらあるのかもしれません。でも、みっちもそれ以上は考えていません(爆)。
 

サイモン・ペグは硬派な警察官をきっちり演じています。走りっぷりまで行儀が良いところがクソ真面目。相方のニック・フロストは『ショーン・オブ・ザ・デッド』と同じような役柄で、ゲームの代わりに今回は映像マニア。マーティン・フリーマンは首都警察の上司役で、前より少し出番が増えました。ビル・ナイもマーティンと並んで登場。もうひとり上司がいるんですが、クレジットがなく、どこかで見た顔だと思って調べたらスティーヴ・クーガンでした。『トロピック・サンダー』で、その辺に散らばっちゃった監督じゃありませんか(爆)。ほかにもピーター・ジャクソンやケイト・ブランシェットというLotR組がカメオ出演していますが、最初は全然わかりませんでした。二人とも初めの方で、ニコラスを襲うサンタがPJ、ニコラスと別れる彼女がケイトでした。PJはもちろん扮装だし、ケイトも女医で最後までマスクを取りません。
 

今回のブルーレイは字幕以外に吹替えでも鑑賞できます。その上、コメンタリーやNG集などの特典映像付き。しかし、特典映像には日本語字幕がありません。ケース裏にそう断り書きしてあるのですが、この種の洋物コメディーで日本語解説は必須でしょうに。パラパラマンガだけは字幕の必要なしでしたf^^;。

posted by みっち | 00:30 | たまに観る映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:30 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1406
トラックバック