Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< スター・ウォーズ/最後のジェダイ | TOP | ロングモーン16年 >>
最近終わったテレビドラマ

年末で終了した連続テレビドラマの感想を3つ。


・TBS『陸王』

 

『半沢直樹』以来の池井戸潤原作によるヒットシリーズ最新作。主人公たちが逆境をはねのけて成功するという王道パターンと印象的なセリフ使いで、時代劇のテイストも感じさせるドラマ作りが共通しています。今回これまでとちょっと違ったのは、だいたい毎回の終わり近くにある「怒涛の反撃」シーンが少なく、最終回までわりとピンチの連続だったことです。それだけ物語がシンプルだったのかもしれませんが、それだけに、すべてを一変させる結末のカタルシスも大きかったかな。

 

好演ぞろいの配役ですが、なかでも話題をさらったのは、ファブリーズ社長じゃなかったフェリックスの松岡修造でしょう。いつもの熱血ぶりではなく、少なくとも表面的には冷静なやり手企業家を見事に演じていました。このカッコよさは、後半他の出演者を食っていたと思います。今後ドラマ起用が増えそう。

 

・NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』

 

開始から子役を引っ張りすぎて、見続けようかどうか正直迷いました。主人公の成人後は、レギュラー陣と思われた人物たちが次々に死んで退場していく異例の展開に。この結果、「嫌われ者の政次」こと高橋一生、身体は大きいが戦いはからきしダメな奥山六左衛門、武勇に秀でている設定なんだけど子供にしか見えない中野直之の3人しか家臣団がいなくなります。しかも毎回のタイトルが別な映画やドラマのパクリという、こんな貧相でふざけた大河ドラマは初めて(爆)。

 

しかし、ここからじわじわ盛り返しましたね。合戦シーンはほとんど描かずに、その分頭脳戦というか、考えすぎて一周とか一周半とかするんですが、そういう策謀面をよく表現していたと思います。政次が死んでからは、最後まで見届ける決心がつきましたf^^;。

 

ただ、最終回はもっと別な展開があってもよかったのではないかな。はっきりいって、龍雲丸の死に方が残念。架空キャラの悲哀とでもいうべきか、番組が終わるんでついでに殺しました、としか見えない。わが家のエントっ子も、「これじゃ『平清盛』の兎丸といっしょ」と憤慨していました。例えばですが、直政に家督を譲るため、記録上は直虎が死んだことにして、実は龍雲丸と堺から南蛮船で旅立ったとか。同じ死ぬにしても、龍雲丸に誘われて船に乗ると、かつての龍雲党の面々が迎えてくれて、夢かと思っているうちに、政次や直親も現れる、みたいな。どうせなら、終わり方もふざけてよかったのでは?

 

・NHK土曜時代劇『アシガール』


戦国時代にJKという取り合わせは、前にもあった? 原作マンガは読んでいませんが、なかなか秀逸で面白かった。放送時間帯もあってタッチは軽めですが、今年のドラマを1本だけ挙げろといわれたら、これかも。


なんといっても、主演の黒島結菜が魅力的でした。彼女を最初に見たのはTBS『ごめんね青春!』で、このときは優等生役だったのですが、今回は足が速いだけが取り柄という体育会系まっすぐキャラで、かわいらしい。タイムスリップものは日本テレビ『時をかける少女』から続いており、縁があるみたい。

 

健太郎演じる若君は、最初はどうかと思ったのですが、だんだん馴染んでくるとかっこよく見えてきました。とくに若君が現代にやってくるあたりから面白くなりましたね。脇役陣も充実しており、若君の兄でありながら後継ぎではないという微妙な立場の松下優也のほか、升毅や飯田基祐といった「犯人」顔の重臣たちが周りを固めているのが笑えます。結局だれも裏切ってないんだけど、なんかどきどきする(爆)。

posted by みっち | 21:42 | お気楽妄想系 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:42 | - | - | - |
コメント
今まで知らなかった井伊家の話は、大変興味深く、わたしは結構愉しんでみていました。
役者の皆さんも、今まであまり見たことのない人が重要な役で出てきて、それらの人たちに光を当てながらの脚本や演出も、結構大変だったのではないでしょうか。
柴崎コウ、今回初めて見た高橋一生など、中々いいなと思って、見ていました。信長、秀吉、家康に比べると、あまり知られていなかった人物達が主人公なので、一年間を保たせるのは、結構大変だったのでは無いかと思います。
2017/12/25 23:36 by Clara
スペクタクルなし、配役も小粒で「大河」に挑むという、ある意味開き直ったやり方で、おかげで視聴率は低かったようですが、いままでなかった描き方やユニークな解釈はけっこう刺激的でした。とくに、今川氏真の後半の絡み方はよかったと思います。
2017/12/26 00:16 by みっち
上3つのうち私は「直虎」のみ見ていました。なるほど、ファンタジーな終わり方ですね。
女城主に、六左、之の字、方久・・・知恵、武力、経済
桃太郎の猿キジイヌ、夏目雅子が演じた三蔵法師のお供、結構王道な取り合わせだったことに思い至ります。

それと、これまでの歴史ドラマにはほとんど出てこない今川氏真。なんと彼は、家康死亡の前年の1615年まで生きます。
部下だった家康に迎えられ、父親を殺した信長の前でまりを蹴り、京都では文化人として連歌を読む。「本能寺が変」でも一役買っていました。

「嫌われ政次」の他に気に入りのタイトルは、「綿毛の案」(赤毛のアン)、「死の帳面」(デス・ノート)、「天正の草履番」(天皇の料理番)。
12月30日に総集編があるそうです。「逃げ恥」家康像を演じた阿部サダヲも秀逸でした。
2017/12/26 18:33 by モト
六左は知恵もなかったような。方久が知恵も経済力もある沙悟浄というところですかf^^;。

後半の氏真には同感です。信康の成敗や京での饗応も、信長は素直に語ってただけで、言葉の裏や企みなどは、周りが忖度して膨らませていたという解釈ができるあたりもよかったと思います。

阿部サダヲ、子狸でしたね。万千代に本当の寵童になるかと迫ったシーンが印象的です。
2017/12/26 21:18 by みっち
六左は、木を切る場面で、度々知恵や差配を発揮していたと思います。
NHK大河で「色小姓になるか」というセリフで迫る場面が出たのは驚きました。大昔も、夏目雅子が根津甚八だったかに襲われたり、あるにはありました。

それと、海老蔵信長、ちょうど奥さんが病死する前後での撮影と思いますが、存在感と恐さがテレビ画面からでも伝わりました。

また、家康の家臣団の書き分けも上手でしたね。尾美としのりがいい感じの中年になっていますし。みのすけが演じた水野忠次は、当初意地悪い役でしたが、最後の方はいい人になっていました。
六角精児が演じた本多正信は、後年、家康の相談役・策略仲間になるので、穴山梅雪を謀殺したり、そういう役どころでした。高橋一生さんと同じ事務所で、事務所内の序列が逆転したバーター出演でしたが。
2017/12/27 16:07 by モト
材木の伐採では活躍してましたね、六左。

信長は甲高い声というイメージがありますが、海老蔵はけっこう重厚でした。以前の武蔵でがっかりさせられたので、挽回の機会があるといいと思います。

鬼平の「うさ忠」が榊原康政とは驚きましたが、眼光鋭く厳しい雰囲気でお見事でした。いい役者さんです。酒井忠次は「徳川四天王」の年長格で、本来なら彼こそが家臣団の柱的な位置にいるべき存在だと思いますが、なぜか小賢しさが目立つ憎まれ役でした。六角精児はバーターだったんですか。別の映画でシ○ア大佐やってたのもあり、芸域広いなあ、とf^^;。
2017/12/27 18:36 by みっち
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1431
トラックバック