Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< ロングモーン16年 | TOP | ディープで妖しいドールの世界 >>
マツダCX-8試乗

マツダのクロスオーバーSUV国内最上位モデル、CX-8試乗の案内が来ていたので、ディーラーに寄ってみました。売れているみたい。ミニバンの鈍重さに飽き足りない人が乗り替えているのかも。


外観はCX-5を長くした感じですが、実際はCX-9が元になっているらしい。フロントマスクはほぼCX-5で、違いはグリル形状ぐらい。CX-5はグリルが黒のメッシュになっており、CX-8はCX-3と同様の横のラインが特徴的です。横から見ると、3列シートにしてはプロポーションが間延びした感じがなく、CX-8に慣れると、逆にCX-5の方が寸詰まりに見えてくるくらいです。
 

3列目のシートから座ってみましたが、膝の空間やヘッドクリアランスはギリギリで、シートに対して床が高いため、膝がやや持ち上がった感じになります。みっちのCX-3の後部座席と比べても狭いかな。乗ろうと思えば乗れる程度。これに対して2列目はゆったりとして快適。これはいい! グレードによっては6人乗りで中央にコンソールボックスが付いたタイプがありますが、この方が魅力的に思いました。前席も2列目とほぼ同じで、装飾パネルの一部に木が使ってあるのが上品。CX-5よりも高級感を演出しています。最大7人乗りですが、みっちが使うとしたら、実質4人乗りとして、3列目を含めた広大なスペースを荷物室とするのがよさそう。そうすれば、チェロがそのままで積めるわけです。
 

運転してみました。フロントガラス照射タイプのアクティブ・ドライビング・ディスプレイは、CX-3などのフロントメーター上部から立ち上がるタイプよりも視点移動が小さくて見やすい。CX-5のものよりも能力アップされた2.2Dは、パワフルかつジェントル。滑らかで静か、余裕の走りです。上り坂でちょっと踏み込んだら、あっという間に70キロに達しました。豊かなトルクのため、回転が上がった感じがほとんどありません。コーナリングもクルマの長さを感じさせません。高速道路は未体験ですが、マツダですからきっと楽しいでしょう。静かだし、乗り心地のよさはみっちのCX-3にも少し反映させられないものかと思うほどでした。
 

わが家の車庫は掘り込み形式で、あまり幅の広いクルマは現実的に考えにくいのと、常時そんなキャパシティを必要とはしていないわけで、小さいクルマがいい。マツダには、CX-3をもっとがんばってほしいと思います。来年はスカイアクティヴXも出るようなので、楽しみです。

posted by みっち | 14:36 | 乗り物 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:36 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1433
トラックバック