Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< 本厄の日々 | TOP | アトレウス >>
トクサツガガガ

早くも2019マイベスト・ドラマになりそうな予感。マンガの実写化らしいのですが、原作は知りません。特撮オタクのOLがオタバレを恐れ警戒しつつも、趣味を同じくする仲間と知り合い、交流を深めていく、という内容。


『トクサツガガガ』では、現実パートと主人公が夢中になっているヒーローや怪人たちの特撮パートがあるのですが、彼女の脳内ではしばしば現実と虚構が混じり合い、ヒーローのセリフに勇気づけられたり、ピンチで怪人と闘ったりします。加えて、特撮ファンでない視聴者への理解を助けるためか、解説パートがしばしば挿入されます。このどれもが楽しい。
 

現実パートでは、主人公の小芝風花がまず素晴らしい。一見女子力の高いOLですが、その正体は隠れ特撮オタクというキャラを生き生きと表情豊かに演じています。彼女は朝ドラで微妙な役回りだった影響で、人気は今ひとつのような気がしますが、このドラマで一気に挽回し、評価を上げるんじゃないでしょうか。場面場面でツッコミというか本音を吐露するところも好きです。周りを取り巻くキャストもおしなべて好演。
 

特撮パートのクオリティーの高さは特筆モノでしょう。正直、「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」とかならともかく、「戦隊ヒーロー」ものは同じ特撮といってもしょせんはお子様向けではないかと、かくいうみっちも低く見ていたわけですが、これを手抜きせずに「完成度高!」と思わせるほど作り上げていることで、ヒロインの感動とハマり具合がリアルに伝わるし、応援したくなってきます。さらに解説パートでは、声優の鈴村健一がいかにもそれらしいトーンで、ヒロインの行動がどのような意図から編み出された「作戦」であるかや、歴史的背景までさかのぼったりしてあることないこと教えてくれます。ストーリー的には必要ないともいえる部分ですが、これがあるからこそ他のパートがさらにおもしろく引き立っています。ひとことでいえば、作りが本格的。
 

きょうが第3話で、全7話のようです。第1話から第3話まで一挙再放送もあるようで、好評だということでしょう。いまのところ、木南晴夏がまだ謎の存在で、主人公になにやら思うところがあるらしく、今後どう絡んでくるのかが楽しみ。このドラマ以外にも、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(略して「ゾンビ人生」でいいのか?)という長いタイトルのゾンビものも同時期に始まっており、なかなか攻めているNHKです。

posted by みっち | 18:40 | お気楽妄想系 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:40 | - | - | - |
コメント
お久しぶりです。

(Skyrim始めてみたので、そのときにコメントしようかと思ったのですが、ちっとも進んでないので^^)

テレビドラマをほとんど見ない私も、これは見はじめました。特撮パートがすばらしいですよね。

原作マンガは、さっき本屋に新刊が並んでましたが、もう15巻もあるんだそうです。
2019/02/02 17:36 by baldhatter
やった。スカイリム仲間ハッケン!! 種族はなににされました? キャラメイクだけで時間かかりますよねf^^;。

特撮パートは、これだけで番組が成立しそうなほど作り上げられていますよね。愛が感じられます。

原作15巻ということは、『鬼滅の刃』(14巻)より長いのか。
2019/02/02 19:26 by みっち
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1542
トラックバック