Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< クーベリック/ベルリン・フィルによるドヴォルザーク交響曲全集(その2) | TOP | クーベリック/ベルリン・フィルによるドヴォルザーク交響曲全集(その3) >>
竹内まりや Music&Life 〜40年をめぐる旅〜

BSプレミアムを録画して視聴しました。竹内まりやは、過去に「VARIATY」をレコードで買いました。アレンジの山下達郎の一人アカペラみたいな音作りはそんなに好きではないのですが、これはいいアルバムでした。


活動40周年ということで、生い立ちから現在までの軌跡を振り返りつつ、計40曲(+エンディング曲)が一部フルコーラスで紹介されました。ポップスをそれほど聴いていないみっちでも、そのほとんどが聞き覚えのあるメロディーであることにあらためて驚き、感心しました。初期のアイドル活動時代は別として、夫の山下達郎ともどもメディアへの露出がきわめて少ないので、テレビで見るのもこれが初めてだと思います。ライヴ映像ではギターを弾いている山下達郎らしき人物がいましたが、これ本人ですよね。映像で見たことないので確信が持てない。
 

かつて活動休止に至った理由について、「歌うために活動しているはずが、その活動のために歌えなくなる」ことにあったと語っていました。芸能活動に対する重要な問題提起だと感じます。ぶっちゃけ、彼女は消耗品扱いを拒否したことになるでしょう。その後、生活の中から湧き上がってくるものを言葉と音楽にして、そのときどきの時間をかけがえのないものとして感じるようになっていった。思ってもなかなかできないことでしょう。本人が自覚的であったことと、加えて良き理解者が伴侶としてそばにいたことが大きかったのではないでしょうか。

 

山下達郎と竹内まりやのレコーディングスタジオにカメラが入ったのは初めてとのことで、そこではCDラジカセを再生して最終チェックしているということでした。どのように聴かれるかを意識して音決めするというのは、主婦感覚というか生活に根ざした音楽ならではでしょう。
 

映像で見る歌いぶりは、録音のイメージよりも力強さを感じました。以前、ネットでカレン・カーペンターのような歌手が日本にいるかという話題になったことがあり、そのとき竹内まりやがそうではないかと答えたことを思い出します。それにしても、60歳を過ぎていながら、きれいなこと。若いころからの画像を見ても、いまがいちばんかも。75歳ぐらいまで歌い続けたいと語っていましたが、このペースなら50周年は間違いないのでは? そのとき、こっちがまだ生きているかどうかが問題(爆)。

posted by みっち | 20:03 | お気楽妄想系 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:03 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1595
トラックバック