Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< クーベリック/ベルリン・フィルによるドヴォルザーク交響曲全集(その3) | TOP | 中村太地ヴァイオリン・リサイタル >>
記憶にございません!

3連休の月曜日に観てきました。三谷幸喜作品はこれまで、テレビの『王様のレストラン』や『真田丸』、映画の『ラヂオの時間』や『清須会議』など、楽しんでいたのですが、今回のは残念でした。以下、ネタバレあります。


そもそもの話、中井貴一は『陰陽師II』とか『どろろ』などで見て、よくなかった。キワモノしか観てないだろ、というツッコミもあるでしょうが、彼が主役の『壬生義士伝』や『柘榴坂の仇討』なども一応テレビで観ています。でも印象は変わらない。消化不良というか、なにか振り切れていない。もちろん抑えて光る演技というものもあるとは思うのですが、なにかこう、もっと突き抜けたものがあっていいんじゃない? この点、当て書きで知られる三谷幸喜なら、いままで見たことのないような中井貴一が見られるのでは? というか、テレビの予告映像で怒鳴っている中井貴一は、いままで見たことのないハジケっぷりじゃないですか。これなら、という期待を胸に劇場へと赴いたのでした。
 

しかし、そのハジケっぷりは、予告映像で公開されているシーンだけでした(爆)。映画自体も、多彩な出演者やおなじみの面々も含めて盛り上げようとしてはいるのですが、笑えない。場内では笑っている人もいたので、一般的な評価としては面白いのかもしれません。しかしねえ、いまどき日本の閣僚やそれに絡んだスキャンダルなど、本物の方が映画よりよっぽどひどいし笑えるから。リアルに勝てていないでしょう。それでも、記憶をなくした主人公の首相が、あたふたしながらスケジュールをこなしていく前半はまだ生暖かい目で見てられたのですが、アメリカの大統領が日本語ペラペラというか、そのまま日本人の女性として登場してくるあたりからは、茶番が過ぎて白けました。
 

後半の焦点となる官房長官との闘争も緊迫感なし。ここでは、ダメ元でもすべてを打ち明けて協力してくれるよう説得する場面が必要だったのでは? それでも応じないなら覚悟を決めて袂を分かつことに必然性が出ます。中井貴一に見たかったのは、そういう全身全霊を捧げて事に当たる姿だったんですが。草刈正雄との対決は、最大の見所になったはず。けど、脚本はそこから逃げた。自分の妻には真摯な気持ちをぶつけることができたのに、官房長官にはできなかったことになります。好みのタイプじゃなかった? まあ、官房長官の指示により雇われたスナイパーが川平慈英で、武器が銃でなくスリングだったのはちょっとクスっとなりましたが。
 

よかったところは、元小学校教諭役の山口崇が素晴らしい貫禄だったこと。最近姿を見る機会がなかったので、元気そうでうれしい。あと注目は、有働アナのケバケバメイク。ですが、これも予告映像でバレている上、セリフ自体は彼女のエッセイほど面白くないのでf^^;。そんなこんなで、採点するなら100点満点中30点。もしかすると、面白くない理由はこっちにあって、福田雄一では笑えても、もはや三谷幸喜では笑えないカラダになってしまったのかもしれません。

posted by みっち | 22:02 | たまに観る映画 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:02 | - | - | - |
コメント
そうですか。この人の映画、人気があるようですが,私は映画館では見ていません。最近、手レビで「有頂天ホテル」を見ましたが、どうも私の好みでは無く、途中で切ってしまいました。

2019/09/17 22:57 by Clara
三谷幸喜は、シチュエーションドラマという、舞台転換せずにその場のままで話を展開する手法が得意で、『ラヂオの時間』などはその傑作だと思います。コメディーセンスについては好みもあって意見が分かれるでしょう。
『有頂天ホテル』の方がまだ面白かったと思います。
2019/09/18 18:42 by みっち
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/1597
トラックバック