Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< フィッシャー/BBC NOWによるオネゲル:クリスマス・カンタータほか | TOP | 2020北九州伯林的管弦楽団演奏会 >>
スカイリム:忘却の彼方

謹賀新年 本年もよろしくお願いします。

 

初詣。今年のおみくじは、ねずみ年だけに中吉でした(爆)。


年末からもう、ひたすらダラダラしていまして、スカイリムではLv.51まで上げました。今回はホワイトランの同胞団クエストを優先的に進めました。というのは、同胞団クエストでは従者が強制的に入れ替わるものがいくつかあって、クリア後に分かれた従者ともう一度合流しようと思ってもいまくいかないことがあるからです。


そうやって、最終的に旅のお供に選んだのは、傭兵のテルドリン・セロ。DLC「ドラゴンボーン」導入後のソルスセイム島で雇うことができます。ご覧の通り異様な風体ですが、中の人はダークエルフらしい。スカイリムの各拠点に行くと、彼なりの感想をしゃべるのが面白い。退屈すると、鼻歌を歌います。ため息をつかれるより可愛げがあります。セロは右手に片手剣、左手で攻撃魔法という戦闘スタイルで、炎の精霊も召喚します。これまで従者にしてきたキャラの中でも最強の部類。ヘタすると主人公よりも強いf^^;。おかげで、進行がきわめて順調でした。


今回の冒険の主要なものは以下の2つ。ひとつはスカイリム南方の高所に寒々とした小屋に隠遁しているアンジーのクエスト。ここで弓術の訓練をすることができ、最後までクリアすると、「アンジーの弓」をもらえます。この弓はユニークアイテムですが付呪と強化が可能で、自分好みにカスタマイズできます。今回は攻撃力を177まで上げ、麻痺と雷撃を付呪しました。ダメージはがんばればもっと上げられると思いますが、このあたりでもう十分かな。ホワイトトロールぐらいなら一撃で倒せます。弓を強化しすぎて、メインウェポンのはずの両手斧の方が出番があまりなかったりするんですよね。

 

なお、アンジー(右画像)はおそらくスカイリム中の登場人物としてはもっとも美形な一人ですが、従者や結婚相手にはなってくれません。残念!
 

もうひとつは、エセリウムの鋳造機器をめぐって、カトリアという女の亡霊と一緒に冒険することになるクエスト「忘却の彼方」。DLC「ドーンガード」の追加要素ですが、カトリアは亡霊なのにおせっかい焼きで性格もよく、アドバイスだけでなく敵とも戦ってくれるし、おしゃべりもけっこう楽しく、最後に昇天してしまうのがもったいない感じ。味わいあるクエストでした。
 

とまあ、ここまでやってきて、メインクエストもあまり消化していない(デルフィンとドラゴンを倒しに行ったところ)し、DLCもまだほとんど手を付けていない段階ですが、スキルのうち付呪と鍛冶を100にしたとたんに相当強くなってしまい、従者のセロも強いためにヌルゲー化して緊張感が不足気味です。modの調整で敵を強くすることも可能ですが、それよりもそろそろ次のキャラでやってみたくなりました。ECEでYgNord以外の種族がどんな風に作れるかも試したい。

 

posted by みっち | 22:46 | スカイリム | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:46 | - | - | - |
コメント
コメントする