Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< 『鬼滅の刃』完結 | TOP | ハイティンク・ポートレート(その3:ハイドン) >>
最近のチェロ練習(2020.5)

気候がよくなり、チェロの音にも張りのある日が多いこのごろです。福岡県では緊急事態宣言が解除されましたが、北九響の練習予定については、まだアナウンスされていません。再開は6月ですかねえ。家では、4月からベートーヴェンの交響曲第5番をさらっています。


チェロが難しく、かつ目立つのは第2楽章と第3楽章で、これを中心に。第2楽章の冒頭は、音程にかなり苦労しましたが、そこそこ歌えるようになってきました。問題は、そこからの変奏で16分音符になり、さらに32分音符になるところ。32分音符では、p かつ dolce で開始して最後はpp。8小節のピチカートを挟んで今度はf となってオケ全体が高揚します。とくに厳しいのがpp 直前の104小節目でアップボウで移弦を反復するところですね。ダウンならともかくアップはぎこちなく、左手も指がもつれるもつれる(ーー;)。一月半経って、うまくいったときは、なんとかそれなりに弾けてるかもしれんくらいの雰囲気にはなってきましたf^^;。練習が再開されたときに、いきなりビシッと決められるようになりたいものですが。


第3楽章は、主部がpp ベースで、そこにsfp やfs、f などが付いている、このコントラストを表出したいのですが、半音階進行がなかなか厄介で、進行に追われてうまくいきません。中間部は、案外耳で聴いて予想していたよりも弾けます。これも順次進行と跳躍のコントラストがつくようになるといいな。
 

ベートーヴェンだけやっていると疲れるので、バッハの無伴奏チェロ組曲第3番のプレリュードとアルマンドを練習始めの指鳴らし代わりとして弾いています。こっちも疲れるんだけど(爆)。プレリュードは3月末に披露する機会があり、ホッとして4月に弾かないでいたら、もうダメになっていたf^^;。ヘタになるのがホント早いな。この2曲は、秋の区民音楽祭での演奏曲目最有力候補なので、これからも弾いて、暗譜で弾けるくらいに身につけておきたい。
 

ボウイングや運指などは一応固めたのですが、今後は音にもこだわりたい。で、右手の精度が問題になってくるのですが、全体的に力んでガチガチになっている気がするため、脱力の仕方、弓の速さ、弓毛の張り方などを変えたらどうなるか、いろいろ試そうと。だけど、それなりに気をつけていられるのは初めの方やその部分だけで、通して弾くと、途中からは音楽にただもう必死に向かっているというf^^;。

posted by みっち | 12:17 | cello | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:17 | - | - | - |
コメント
コメントする