Search this site
お気楽妄想系のページf^^; 荒らし投稿がつづくのでコメントは承認制としました。
<< 『ホビットの冒険』−ビルボとゴクリのなぞなぞ問答 その8 | TOP | ゼナーナ/アカデミスク管弦楽団による、ヴェルディのレクイエム >>
チェロの弦
チェロを始めて2年くらいは、弦は買ったときの状態そのままでした。一度A弦が切れたときは怖くて、自分で張り替えできず、お店の人にお願いしたくらいです。でも、そのころから弦に対する関心も出てきました。

しばらくして、『弦楽器のしくみとメンテナンス』という本(こちらが公式サイト)が出ていることを知り、買って読んだら、「弦は日々劣化する。」と書いてありました。弦が消耗品だったとは、知らなかった(ToT)。
弦の素材は大別して三種類(ガット、ナイロン、スチール)、値段も高いのから安いのまでいろいろあります。全部試すのは不可能ではありませんが、かなりの時間と予算を投入する必要があるでしょう。私の場合、A弦とD弦は半年から1年くらい、G弦とC弦は1年から2年くらいの周期で交換し、そのときに新しい弦を試す、ということでやってきました。基本的に値段の安い物から(貧乏人ですから!)試しています。ガット弦はまだ弾いたことがありません。

以下に、これまで試した弦の種類と感想を書きます。なお、これらは楽器や弓との組合せ方や相性、奏者の好みの要素も大きいので、普遍的な評価ではない、ということをあらかじめお断りします。

・スピロコア(Spirocore) A,D,G,C チェロを買ったときに張ってあった弦です。値段が安く、G弦とC弦は一般的にもよく使用されるようです。シルバー巻とかタングステン巻といった高級バージョンは、未体験。私の楽器では、G弦がかすれて弾きにくかった覚えがあります。いま弾いたらどう思うか、腕も聞く耳も違っているはず(ホントか?)なので、評価が難しいです。

・ドミナント(Dominant) A,D これだけナイロン弦です。スチールとくらべて張りが緩く、明るい音色です。ただ、張りが緩いためか、強く弾くと、ビィーンとビリつく感じになりやすいです。自分が下手なだけともいいますが。スピロコアのG,C弦と組み合わせたのは、いま思えば失敗でした。これを使うなら、4弦ともナイロンでそろえるべきでしょう。

・プリム(Prim) A 先生の手持のA弦だけ試させてもらいました。金属的な響きが気に入りませんでした。ただ、安価なので、使い方次第かもしれません。

・クロムコア(Chromcor) A,D これも安価ですが、魅力を感じませんでした。安いだけ? 

・クロムコアプラス(Chromcor Plus) A,D クロムコアの上級バージョン。それでも安い弦です。プラスになると、音にふくらみと繊細さが感じられ、音楽的に鳴ります。コストパフォーマンスが高く、おすすめできます。

・ヘリコア(Helicore)  A,D,G,C これがスチール弦?というくらい、張りが軟らかいです。音もまったりして伸びやか。個性派ですが、これもおすすめ。

・ヤーガー(Jargar) A,D ヘリコアとは逆に張りが強く、人によっては左手に負担を感じるかもしれません。切れやすいという噂もありますが、私のは切れませんでした。音は、渋く落ち着いていて、ある意味とてもチェロらしい。高音弦では定番になっていることが頷けます。一度は試してみる価値があるでしょう。G,C弦は、弾く強さでピッチが変わるとなにかに書いてあったため、試していません。

・コレルリ(Corelli) A,D,G,C 現在使用中の弦です。もう1年になりますが、気に入ってしまって、なかなか替えられません。張った直後は、金属的で変なキャラクタだと思ったのですが、二、三日すると落ち着いてきて、味わいのある音に変化しました。私の楽器にベストマッチだと思います。欠点は、指先に金属の汚れがつくことです。水洗いですぐ落ちますけど。
posted by みっち | 20:35 | cello | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:35 | - | - | - |
コメント
> 全部試すのは不可能ではありませんが、かなりの時間と予算を投入する必要があるでしょう。

ちょっと検索してみましたが、案の定、チェロの弦ってギターの弦と比べてケタ違いに高いんですねー。その安いギター弦でさえ、中高生の頃はけっこう財布に厳しかったですが ^^。
2006/04/18 23:28 by baldhatter
コメントありがとうございます!
弦を替えるなら4本全部替えろ、という方もおられます。正論だとは思うのですが、高い弦だと1本1万円とかしますからねー。プロならそれも必要経費でしょうが、お気楽愛好家は、ふところ具合と相談しないと……。
2006/04/19 00:00 by みっち
チェロ歴6ヶ月のかきあげまいごです。
先々週、せんせいに4本とも交換してもらいました。
4本で12000円ですが、なんという弦からなんという弦に交換になったのかは不明です。
でも、音がやわらかくなりました。
チェロ歴1ヶ月のときに突然G線が切れました。
これは松脂を付けることを怠ったためでした。
2006/04/19 11:37 by かきあげまいご
かきあげまいごさん、こんにちは!
弦の識別は、テールピース側(下の方)の糸巻き部分の配色でわかりますよ。例えば、赤はスピロコア、空色はヤーガーです。
松脂をつけないと弦が切れる?というのは、よくわかりません。松脂は弓毛に付けるもので、弦に付いたのは布でふき取った方がいいと思います。
松脂を弓毛に付ける頻度も、初めは弾く前の儀式みたいに毎回でしたが、いまは月に1回か2回(少なすぎかも)、「ちょっと滑るかな?」と感じたときです。
2006/04/19 12:35 by みっち
C,Gが赤。
D,Aが青でした。

松脂、毎回でなくてもよいのですか。
習い始めた頃は、全然松脂を付けていなかったので、弦が切れたのはそれが原因だと推察したわけです。

またいろいろ教えてください。
2006/04/19 13:12 by かきあげまいご
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuhinomado.jugem.jp/trackback/25
トラックバック
2007/08/15 11:06
チェロ用の小物はヴァイオリンに比べ割高なので、この値段で買えるのは大助かりです。入金して2日で届いた手早さもうれしいです。とても安価で入手できて良かったです。最安値でしたよ。楽天での最安値だと思います。大変良かったです。・今日は家族でチェロを。・本日
弦楽器のレス